編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

開催場所: 東京

開催日:  2012-01-23

◎コース詳細
■コース名称:Ruby入門
□コース略称:
□サブタイトル:~基礎から学ぶRuby入門の決定版~

■期間:2日間
■開始時間:09:30
■終了時間:17:00
■価格(税込み):\84,000-
□定員:

■コース概要(目的):
プログラミングの経験がない方から他のプログラミング言語を学んだ事がある方を対象に、基本的なプログラムをRubyで書けるようになるまでに必要な知識とスキルを習得します。

□学習目標: 
・Rubyを使用してオブジェクト指向でプログラムが書くことができる
・Ruby on RailsでWEBアプリケーションを開発するために必要なRubyの文法知識を理解する
・Ruby技術者認定資格「Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver」を受験するために必要なスキルを身につける

□特徴・ポイント:

□対象者:
・プログラミング初心者の方
・Rubyでのプログラミングが初めての方
・Ruby on Railsを使用してWEBアプリケーションの開発を始める方

□前提知識・条件:
・基本的なコンピュータの知識がある方
・Linuxの基本的な操作

□スクール環境:
・Ruby 1.8.7
・Linux

■内容:
●Ruby概要
・Rubyの特徴
・Rubyの実行環境
・プログラムの実行
・Rubyのドキュメント

●Ruby基本文法
・基本データ
・変数/定数
・制御構文
・例外処理/大域脱出

●メソッド
・メソッドの定義と実行
・引数
・メソッドの返り値

●クラスとオブジェクト
・基本クラス
・クラスの定義
・クラスの継承
・クラス変数とクラスメソッド

●モジュール
・モジュールの定義
・Mix-in

●標準ライブラリ
・数値
・文字列
・配列
・ハッシュ
・シンボル
・入出力

□備考:
※講義および演習の進捗状況によって、コース終了時間が前後する可能性があります。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]