原価を真面目に考えるセミナー in 広島

株式会社日立システムズ 2014年06月06日

開催場所: 広島

開催日:  2014年6月23日

低迷を続けてきた製造業の景気に改善の兆しが出てきているものの、海外の製造メーカーとのコスト競争は益々激しくなっており、製造原価管理の強化は製造企業が成長するために極めて重要な経営課題となっています。

本セミナーでは、会計、生産、営業、IT、人材強化といった経営課題改善に定評のある株式会社アットストリーム社が「役立つ原価情報の作り方・使い方のポイント」をテーマに講演します。加えて、「生産現場の見える化」をテーマに日立システムズが提供するITソリューションを紹介します。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みはこちらから (リンク »)

経営者と生産現場をつなげる原価情報
せっかく収集した原価情報を「経営判断」「売価決定」「原価低減」などに有効的に役立てられていない製造業のお客さまも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
本当に役立つ原価情報の作り方・使い方のポイントについてコンサルティング事例を交えて紹介します。

対象者
・製造業のお客さま
・原価管理に関心のあるお客さま

開催概要
日程 2014年6月23日(月曜日)15時30分~17時30分(受付:15時~)
参加費 無料(事前登録)
定員 30名
会場 株式会社日立システムズ 中国支社(広島県広島市中区上幟町3-33 日立システムズ中国ビル)
主催 株式会社日立システムズ
協力 株式会社アットストリーム

プログラム
15時~15時30分 受付
15時30分~15時35分 ご挨拶
15時35分~16時20分
第1部
「原価情報はなぜ役に立たないのか?」
~経営者と生産現場をつなげる原価情報の作り方・使い方~
コスト競争が激化している昨今、原価情報の活用が急務となっている状況ではありますが、せっかく収集した原価情報を「経営判断」、「売価決定」、「原価低減」などに有効に役立てられていない製造業のお客さまも多くいらっしゃるのではないでしょうか。そして、原価計算自体も、生産の実態を反映できていないのではないでしょうか。
第1部では、多くの製造企業が抱える問題を改めてご確認いただくとともに、本当に役立つ原価情報の作り方・使い方のポイントについてコンサルティング事例を交えて紹介します。
株式会社アットストリーム
16時20分~16時30分 休憩
16時30分~17時10分
第2部
「生産現場の改善活動をサポートする方法とは?」
~生産現場の見える化の実現~
いま製造業界では、コスト低減を需要先から厳しく要求されています。コスト低減をしつつ継続的な利益を確保するためには、現場で行われている生産作業の中の改善可能要素(「人」「設備」「モノ・材料」)に着目し、それらの要素を客観的な評価が可能な方法で日々管理していかなければなりません。
第2部では、「FutureStage 製造業向け生産・販売管理システム」を活用した「現場の見える化の実現」と「改善活動サポート」についてお話しします。
株式会社日立システムズ
17時10分~17時30分 質疑応答・個別相談

※講演内容については、変更が生ずる場合がございますのでご了承ください。

出展商品・関連製品
基幹業務ソリューション「FutureStage」
日立グループが提供する製造・流通業向け基幹業務ソリューションの統一ブランドです。幅広いソリューションラインナップの中から、お客さまに適したソリューションを提供します。

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み
原価を真面目に考えるセミナー(広島)事務局
担当:高田(たかだ)、淺野(あさの)、山元(やまもと)
TEL:082-511-2802
seminar-hiroshima.uy@ml.hitachi-systems.com

お申し込みはこちらから (リンク »)

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]