塩漬けシステムを蘇らせるITモダナイゼーションセミナー ~ 変換ツールやテスト自動化ツールデモを交え最新移行事例を紹介 ~

株式会社システムズ 2015年10月27日

開催場所: 東京

開催日:  2015年11月19日

申込締切日: 2015年11月18日

今年も残すところ約2か月となりました。今秋のうちに来期のシステム再構築の目途を立てておきたい企業も少なくないことと思います。今回のセミナーでは“ITモダナイゼーション”をキーワードに移行事例の紹介などから既存システムの再生のヒントをご紹介するとともに、マイグレーションプロジェクトの人件費の約60%を占めるテストにフォーカスしたゲスト講演も行います。

セミナー終了後は、システム再構築についてのさまざまな疑問や不安にマイグレーション技術者や講師が直接対応させていただく相談会も開催します。受講は無料です。

―>> セミナープログラム概要 <<-

14:30~14:35
オープニング(ご挨拶/当日のアジェンダ紹介)
14:35~15:30
〈モダナイゼーション概要編〉
■レガシーシステムを蘇らせる「リライト手法」を起点としたモダナイゼーション実現のポイント
「モダナイゼーション9つの手法」のうち、ソースコードの変換で既存資産の移行を実現する「リライト手法」および、モダナイゼーション(レガシーシステム近代化)への課題解決に向けたアプローチをご紹介します。
・マイグレーションでの「リライト(変換移行)」とは
・リライトが適用されるモダナイゼーションの事例
・PoCによるレガシーシステム見直しアプローチ
・デモによるCOBOL変換解説 など

15:30~16:10
〈レガシーシステム移行事例編〉
■マイグレーション技術者が、とっておきを解説! 失敗しないメインフレーム移行事例
ホスト系マイグレーション事例セッション。マイグレーション事例のこれまでとこれからより、既存システム見直しのコツを移行のプロが解説。モダナイゼーション手法「リライト」による、汎用機上の4GL(第4世代言語)からCOBOLへの変換移行事例のほか、最新の事例としてオンプレミスからクラウド基盤を活用した移行事例なども解説。

16:20~17:00
〈最新マイグレーション Topics編〉
■自動テストはレガシーマイグレーションの常識を変える!! 
低コスト・低リスクを実現するマイグレーションの進め方
レガシーマイグレーション・プロジェクトの人件費の約60%はテストです。プロジェクトの成否はテストフェーズのコスト・リスクのコントロールに掛かっています。プロジェクトの企画に自動テストのコンセプトを活用したり、実行時のコストとリスクを低減させるために自動テストを活用するなど、さまざまな活用方法について紹介します。

17:00
質疑応答/マイグレーション(システム刷新・再構築)に関するご相談 等

関連情報へのリンク »

株式会社システムズの関連情報

株式会社システムズ

株式会社システムズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。