レガシー資産の『可視化』から始める現実的モダナイゼーション ~ 『リドキュメント』『リファクター』『リライト』を事例とデモで解説 ~

株式会社システムズ 2016年04月06日

開催場所: 東京

開催日:  2016年4月26日

申込締切日: 2016年4月25日

システムズは、2016年4月26日(火)に東京コンベンションホール(中央区京橋)で開催される「ITモダナイゼーションSummit 2016」で、事例とデモによるモダナイゼーションに関する講演を行います。レガシーシステムの刷新に手が付けられずお困りの企業にとっては現実的な取り組みのポイントが聴ける格好の機会です。ぜひお気軽にご参加ください。

■開催要項
●イベント名: ITモダナイゼーションSUMMIT2016
●会期:2016年4月26日(火)10:30~17:20(開場10:00)
●会場:東京コンベンションホール(中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン5F)
●主催:日経BPイノベーションICT研究所
●協力:日経SYSTEMS,日経ソフトウエア,ITpro,ITpro Active
●協力団体:COBOLコンソーシアム
●受講料:無料(事前登録制)

■システムズ セミナー概要
●プログラムNo:A-5 
レガシー資産の『可視化』から始める現実的モダナイゼーション
~ 『リドキュメント』『リファクター』『リライト』を事例とデモで解説 ~
●時間 : 14:50~15:30
●会場 : A会場
●講演者 : システムズ マイグレーション事業本部 企画推進部 担当部長 中本 周志
●講演概要:老朽化システムのモダナイゼーションを進めようにも、現システムのブラックボックス化が進み何ら手を打てないまま今に至っている、というケースが多々あります。セッションでは『リドキュメント・リファクター』によるドキュメントの再整備から始め『リライト』による変換移行へ至る現実的な取組み方を事例と変換デモで紹介します。

関連情報へのリンク »

株式会社システムズの関連情報

株式会社システムズ

株式会社システムズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]