【第2回】 「B2B企業間連携を支えるクラウドサービス」 ~ERPデータの50%以上は社外で作られる!いまこそ取組むべき企業間データ連携、情報流通のカイゼン策とは

GXS株式会社

2016-05-11

開催場所: 東京

開催日:  2016-05-26

ERPの新規導入や複数インスタンスの統合・アップグレードを検討される場合、社内での処理プロセスのみならず、社外とのデータ連携をいかに効率よく、拡張性高い形で実現できるよう考慮しなければなりません。例えば、接続先の多様化やグローバル化への対応、老朽化したB2B/EDI環境の更新、様々な通信プロトコルやメッセージ標準の対応など、その内容は多岐に渡ります。

SAPをはじめ、主要なERPモジュールなど企業間におけるシステム連携のギャップを解消し、グローバルビジネスを強力に支えるB2B/EDI基盤とアウトソーシングサービスのメリットについて、実例を交えてご説明するとともに、こうした社外との情報流通先として、いまも尚多くの企業で利用されているFAX・メッセージングを組み合わせて活用できるソリューションをご紹介いたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]