編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

物理・仮想・クラウド保護の最適解は?環境に合わせたバックアップの選び方

株式会社クライム

2020-10-08

開催場所: WEB

開催日:  2020-10-27

ハイブリッドクラウドが広まるにつれて、物理、仮想、クラウドなど様々な環境でサーバーを使用することが増えてきましたが、これらサーバーのデータ保護は行えているでしょうか?
自然災害やハードウェア障害、ユーザーによるオペレーションミスなど、ある日突然、大事なデータが失われてしまうかもしれません。そのような場合に備え、データ保護は必須といえるでしょう。
しかし、物理、仮想、クラウドなど様々な環境のサーバーをすべて同一の方法でデータ保護をして問題ないのでしょうか?
環境が異なれば、構成も異なりますし、保護したいデータの種類も異なります。であれば、データ保護の方法も環境に合わせて考える必要があるかもしれません。
本セミナーでは、「物理」「仮想」「クラウド」「DB」「Kubernetes」それぞれの環境に合わせたデータ保護手法について紹介します。

最後に当日のセミナー内容から簡単なプレゼントクイズを1問出題します。
正解者から抽選で5名様にAmazonギフト券(Eメールタイプ)1,000円分プレゼント!

開催日時: 2020年10月27日(火) 14:00 ~ 14:30

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]