ソフトウェアサプライチェーン脅威対策セミナー ~内在するセキュリティリスクの可視化・低減のために今すべきこと~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2022-11-14

開催場所: WEB

開催日:  2022-12-06

近年、ソフトウェアサプライチェーンに対する攻撃が目立ち、それに伴い米国大統領令や経済安全保障推進法などの影響で国内外で対応が求められてきています。ソフトウェアサプライチェーンリスクに対するセキュリティ強化手法として、ソースコードの静的解析やソフトウェア部品表(SBOM)の公開などベストプラクティスを取り入れることが必要です。

本セミナーでは、ソフトウェアサプライチェーンリスクやその対応策、およびアプリケーション開発現場におけるSBOM作成の意義について解説します。

■15:00~15:05 ご挨拶

■15:05~15:35<セッション1>
これからの時代、ソフトウェアの品質を高めていくためには

サプライチェーン攻撃は数年前から脅威として知られていましたが、近年は攻撃の増加がより顕著になってきています。そのような状況の中、国内では経済安全保障推進法が今後施行予定のため、より一層サプライチェーン攻撃への対応が求められてきます。
しかし、現状何が脅威なのか、どういったことをすればよいのか等検討することは非常にハードルの高いことと考えられます。
本セッションでは、バックドアを含めたソフトウェアサプライチェーンに関する脅威について整理し、ソフトウェアの品質を高めていくために必要な対策を解説します。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
DevSecOps事業部 DevSecOpsプラットフォームグループ
菊田 翼

【講演者プロフィール】
2021年に野村総合研究所に入社後、NRIセキュアテクノロジーズに出向。
セキュリティ診断・セキュアアプリケーション設計レビュー・認証基盤開発など様々な工程におけるセキュリティ支援に従事。

■15:35~16:05<セッション2>
セキュリティリスクを可視化するためのSBOM活用

アプリケーション開発においてOSS利用は欠かすことのできない要素となっていますが、不可欠だからこそ攻撃者もOSSを介しての攻撃を行うようになっています。
アプリケーション開発の現場でSBOMがどのようにセキュリティリスクを可視化し、さらにそのリスクを低減できるのか解説します。

株式会社ユービーセキュア
セールスエンジニアリング部
セキュリティエンジニア 阿部 政樹

【講演者プロフィール】
Webアプリケーション開発に携わっていたがセキュリティに強い興味を持ち、2020年にユービーセキュアに入社。
様々なセキュリティソリューションの提案、導入支援、サポート業務を担当。

■16:05~16:20<アンケート回答&質疑応答>

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]