編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

脱「Hadoop」!”データレイクハウス”で実現する真のビッグデータ活用 ~低コスト&ハイパフォーマンスの実現~

株式会社マクニカ

2022-11-24

開催場所: WEB

開催日:  2022-12-14

Hadoopでは実現できない「データ管理の一元化」と「運用コストの削減」の両立方法とは?実例を交え解説!

2000年代以降、インターネットの発達やログデータの活用などで取り扱うデータ量が増大したことにより、多くの企業で大規模なデータ(以下ビッグデータ)に対応したデータ処理基盤の導入が必要となりました。その中でもApache Hadoop(以下Hadoop)は様々な種類のデータを大量に保管できる上に、分散処理により高速な検索性能を実現し「データレイク」という1つの大きなトレンドを生み出しました。

しかし近年、Hadoopはシステム構築やパフォーマンス・チューニングの難易度の高さ、セキュリティやガバナンス観点でのデータ管理の複雑化により、運用費・管理コストの増大という課題が発生しています。

本ウェビナーではHadoopをはじめとするデータレイクの課題を解決する手法の1つとして注目されている「データレイクハウス」という新しいアーキテクチャとそのソリューションをご紹介します。

データレイクハウスは、データレイクの利点である多様なデータの取り扱いと高速な検索性能に加え、データウェアハウス(DWH)としての特性も兼ね備えることで、「データ管理の一元化」と「運用コストの削減」を実現します。

Hadoopからデータレイクハウス移行の実例もご紹介いたしますので、ぜひ本セミナーを今後のビックデータ運用・分析の進め方のヒントにしていただけますと幸いです。

株式会社マクニカの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]