AI品質マネジメントセミナー ~信頼できるAIの条件と技術的検証方法~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2024-01-18

開催場所: WEB

開催日:  2024-02-07

人工知能が注目を集める中、国内外の企業において生成AIをはじめとしたAI技術をビジネスへ活用する動きが広がってきました。これらは、一般の人々にも手軽に利用可能であり、従来人間が担っていた業務の大部分を代替するレベルにまで進化しています。一方で、ビジネスリスクやコンプライアンスリスクも拡大しています。

AIは従来のロジックによりプログラミングされたアルゴリズムとは異なり、インプットからアウトプットを生成する過程がブラックボックスとなっています。また、学習データの品質や認識の精度、公平性、堅牢性、法制度などの課題もあります。こうしたAIならではの特質も考慮して、いかにしてその品質を保証していくかが重要になってきます。

本セミナーでは、企業がAIを活用して事業価値を高めていくために、AI品質をいかに管理していくか、考慮すべきポイントや対処法を紹介します。

■12:00~12:25 <セッション1>
信頼できるAIの品質に必要な3つの条件とは

AIには従来のソフトウェアと違って、時々刻々と品質が劣化してしまうというリスクがあります。例えば、人為的なミスやデータ収集ソフトのバグ、コロナ禍による経済環境の変化に伴うデータ偏移などは、AIからすれば大きなダメージとなってしまいます。
本セッションでは、AIの品質を保証するにあたって必要な条件を3つに整理して解説します。

株式会社Citadel AI
CEO 小林 裕宜 氏

■12:25~12:50 <セッション2>
企業におけるAI品質の継続的マネジメントプロセス

AIの品質を担保するには、公平性や、説明可能性、堅牢性といった信頼されるAIに不可欠な要素を評価し、品質上のリスクを可視化することが必要です。しかしながら、進化が早いかつ処理プロセスがブラックボックスであるAIに対するリスクの可視化を人手で実施するのは現実的に困難です。
本セッションでは、企業のAIシステムの提供に係る効率的なリスク可視化、および品質改善、精度向上をいかに実現するかのマネジメントプロセスを紹介します。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
AIセキュリティ事業開発部
セキュリティコンサルタント 鬼頭 直希

■12:50~13:00 <アンケート回答/質疑応答>

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]