編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

OpenStackで高信頼のプライベートクラウドを構築せよ!サミット開催報告/デルが今ここまで注力する理由とは

今年10月に東京都品川区で開催されたOpenStack Summit 2015は、ITスタックの中心的な位置をOpenStackが獲得したことを印象づけるものであった。ITベンダー各社は、以前からOpenStackへの取り組みを強化しているが、単なる対応だけではなく、よりOpenStackの価値を高めるようなソリューションが求められる段階に入ったと言えよう。本稿では、今回のOpenStack Summitでデルが展示していた3つのソリューションについてご紹介しよう。

デル+レッドハットの協業で実現した
高信頼のリファレンス・アーキテクチャー

 まず最初に紹介するのは、デルがレッドハットとの協業により開発したOpenStackのリファレンス・アーキテクチャー「Dell Red Hat Cloud Solution」だ。デルとレッドハットは以前からOpenStackのリファレンス・アーキテクチャーを共同開発しており、今回発表されたバージョン4は、OpenStack Kiloに対応している。

Dell Corporation, Director of Software Development
Arkady Kanevsky氏

 デルでOpenStackソリューションの開発をリードするArkady Kanevsky氏は、「エンタープライズ・レベルの耐障害性と高可用性を実現することを重視した」と今回のバージョンについて説明する。

 基本的には、クラウドシステム用途に最適なインテル® Xeon® プロセッサーを搭載したDell PowerEdge R630などのデルのハードウェアとRed Hat Enterprise Linuxなどレッドハットのソフトウェアを組み合わせたものだが、ネットワークは外部接続と内部接続をそれぞれ二重化し、ストレージには分散ファイルシステムのCephを採用してデータを冗長化するなど、障害発生時の信頼性を大きく向上させている。また、バージョン4ではインスタンスのHA構成にも対応したほか、ストレージのオプションとして従来からのDell Storage PSシリーズ(EqualLogic)に加えてDell Storage SCシリーズ(Compellent)にも対応した。

 ご存知のように、OpenStackでは各コンポーネントがAPIを通じて連携を取るアーキテクチャーを採用している。APIに準拠したコンポーネントを開発すれば、自由にOpenStackの機能を拡張することができるわけで、この自由度の高さはOpenStackの活発な開発を促進し、ユーザーの選択肢を広げる原動力になっている。

 ただし、自由度の高さは検証の困難さにも繋がる。理論上は連携できるはずのコンポーネントが、組み合わせによっては動作しなかったり、うまくスケールしなかったりする。OpenStackでプライベート・クラウドを構築する企業にとって、検証の困難さは高い障壁と言えるだろう。

 Dell Red Hat Cloud Solutionは、まさしくこの検証の困難さを取り除くためのソリューションだ。

 「このリファレンス・アーキテクチャーは、10ノードから3ラック(約100ノード)のシステムを想定して開発したものであり、この規模であれば一切のカスタマイズやチューニングなしで、信頼性の高いクラウド基盤を迅速に構築することが可能だ」(Kanevsky氏)

 なお、今回のバージョン4は発表されたばかりなので企業による採用事例はまだないとのことだが、同等のアーキテクチャーのシステムは、すでにケンブリッジ大学やイェール大学で稼働しているそうだ。

Dell Red Hat Enterprise Cloudアーキテクチャーのネットワーク構成 Dell Red Hat Enterprise Cloudアーキテクチャーのネットワーク構成
※クリックすると拡大画像が見られます
支援ガイド:初めてのOpenStackによるプライベートクラウド導入--メリットと方法論を解説
支援ガイド:初めてのOpenStackによるプライベートクラウド導入--メリットと方法論を解説
検証!企業のWAN設備投資を不要に--OpenStackによるクラウド型NFVソリューションの可能性
検証!企業のWAN設備投資を不要に--OpenStackによるクラウド型NFVソリューションの可能性
「AWSだけ」に限界を感じ、OpenStackでプライベートクラウド--その成功事例
「AWSだけ」に限界を感じ、OpenStackでプライベートクラウド--その成功事例

Intel Inside®
効果的なクラウドを

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

提供:デル株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2016年1月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]