編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

迫るエンタープライズ・ハイブリッドIT時代 複雑なIT環境を支えるIBMのテクニカル・サポート・サービス(TSS)とは

企業にとってITは、ビジネスを遂行するためになくてはならないものとなっている。さらなるビジネス成長のための新しいITを考えたとき、ビジネスにおいても堅持すべきところと進化すべきところがあるように、従来型のシステムを保持しつつ、新しい技術・サービスを取り入れていくことが肝要だ。



日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
テクニカル・サポート・サービス事業統括 執行役員
渡邉宗行氏

IBMは、そうした理想的なITインフラを示すビジョンとして「エンタープライズ・ハイブリッドIT」を提唱している。その実現のためには何が必要か、IBMは何を提供するのか。詳しい話を日本アイ・ビー・エム株式会社グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 テクニカル・サポート・サービス事業統括 執行役員 渡邉宗行氏に伺った。

── これからの企業にとってめざすべき理想的なIT像について、IBMでは「エンタープライズ・ハイブリッドIT」を提唱されていることを以前お伺いしました(記事参照)。これは具体的にどのようにお考えでしょうか

 昨今、多くの企業においてITに求められる役割が大きな転換期を迎えています。まず、ITの目的は、従来のような「守り」の運用だけでなく「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつあります。さらに、昨今ではその範囲が拡大し、あらゆる企業活動にITが関係しています。クラウドやモバイルといった新しい技術を取り入れて、よりビジネスに直面するエンドユーザーの視点に立ったスピード感をもった対応も求められるようになってきました。IBMが提唱する「エンタープライズ・ハイブリッドIT」は、「システム・オブ・レコード(SoR)」「システム・オブ・エンゲージメント(SoE)」「システム・オブ・インサイト(SoI)」から構成され、アーキテクチャーのハイブリッドはもちろん、システムを構築する際には、必要なITシステム基盤をハイブリッドに実装します。従来のオンプレミス・システムや、プライベート・クラウドやパブリック・クラウドはもちろん、モバイルデバイスやIoT(Internet of Things : モノのインターネット)デバイスなど、さまざまなシステムをハイブリッド連携し新たなビジネス価値の創造に結びつける必要があるためです。

── エンタープライズ・ハイブリッドITの実現にとって重要なポイントは、どのようなことでしょうか

 さきにも申し上げましたが(記事参照)、エンタープライズ・ハイブリッドITに求められる要件は非常に高度で複雑です。まず、基幹系システムでに必要な堅牢性と、ビジネスのスピード展開に欠かせない柔軟性が求められる上、オープンでありつつもセキュアである必要があります。さらに、グローバルに展開しながらパーソナルな側面にも注力する必要もあるわけです。

 最も重要で困難なことは、ビジネスや組織の目的に合わせてSoRとSoEを適切に連携するため、それぞれのシステムで利用するハードウェアやソフトウェア、モバイルデバイス、ソーシャル、セキュリティーといったコンポーネントのすべてを確実に運用管理することです。これをユーザー企業自身で実現するには、非常に高い負荷がかかります。

 そこでIBMは、お客様のエンタープライズ・ハイブリッドITへの取り組みを迅速かつ確実に成功に導くために、テクニカル・サポート・サービスを提供しています。

── エンタープライズ・ハイブリッドITにおけるIBMのテクニカル・サポート・サービスの役割はどのようなものでしょうか

 従来からテクニカル・サポート・サービスは、IBMのハードウェア・ソフトウェア製品の保守を中心にサポートを提供してきました。グローバルでさまざまな業界のお客様をサポートして培った幅広い経験とノウハウをもとに、IBM以外のベンダーのハードウェア・ソフトウェア製品を含むマルチベンダー製品も保守対象に含めて、ネットワークやクラウドまで、企業のコア業務で利用するさまざまなIT製品の保守をサポートするようになって20年以上になります。そして、現在では、企業向けのアップル製品の保守サービスなど、いわゆるCAMSS(クラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティー)を実現するシステムとの連携も含めてサポートを展開しています。

 もともとIBMは、ハードウェアであれソフトウェアであれ、グローバルでさまざまな企業の中核となるITシステムの構築・運用を担ってきました。その経験やノウハウをもとに世界中のサポート技術者に高度な教育を行っていますので、全世界で均質化されたサービスを、現地のビジネスに合わせて現地の言葉で24/365提供できるという特長を持っています。

 例えば、ある海外の金融系企業が日本への進出を図ったとき、非常にミッションクリティカルなシステムについて、本国と同様のサービスレベルを達成することが求められました。しかし、一部の機器は日本で販売していなかったり、サポートを受けられなかったりすることが問題となりました。そこでIBMがお客様の課題を解決するために、国内外で均一化された高度なサポートを提供させていただくことになりました。

 海外展開を図りたい日本企業にとっても、これは非常に有効なサービスです。国内のシステムを海外へそのまま展開したいというケースは少なくないでしょう。導入から運用、保守サポートに至るまで、IBMであればワンストップでサービスを提供できます。

 IBMは、200以上の国・地域に2万4,000人以上のスペシャリストがいつでもどこでもユーザーの要望に迅速に対応できるように準備しています。グローバルにノウハウや知見を蓄積し、それらを世界中の顧客に提供できるIBMだからこそできるサービス、やらなければならないサービスだと考えています。

 今の企業は、堅実なビジネスを守りつつ、アナリティクスや自動化などの新しい技術を取り入れていくことで、競争力を高める必要があります。エンタープライズ・ハイブリッドITの実現は、もはや必然のこととなるでしょう。そのとき、必ず運用や保守の問題が生じるはずです。

 私たちは、複雑なIT環境を安定的に運用し、ビジネスに次の一手を打ち出すために必要な、さまざまな課題を解決するための“ITのかかりつけ医”として、企業の皆様のお役に立てるものと信じています。ご関心をお持ちでしたらぜひいつでも私どもにご相談いただければ幸いです。

お客様のニーズにあわせて柔軟で的確なテクニカル・サポートを提供

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2015年9月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]