検波

用語の解説

検波とは

(ケンパ,復調,detection,)
検波とは、変調が行われた信号(変調信号)から元の信号を取り出すことである。
検波は、主に変調と逆の操作を行うことによって信号を復元する。 「変調」の対義語という意味で「復調」とも呼ばれる。 無線通信でも有線通信でも変調や復調は行われる。 検波方式の主な種類としては、直交検波(クワドラチャ検波)やヘテロダイン検波、レシオ検波、再生検波、自乗検波、同期検波、遅延検波などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]