編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

8mmデータカートリッジ

ZDNet Japanの用語検索は、事業にITを活かすうえで必ず知っておかなければならない、キーワードを収録したデータベースです。キーワードの意味のほか、記事を中心として関連する情報を得ることができます。

用語の解説

8mmデータカートリッジとは

(ハチミリデータカートリッジ,8mm data cartridge,)
8mmデータカートリッジとは、データ記録用の磁気テープカートリッジの規格のひとつで、テープ幅8mmのビデオカセットと同一の形状が採用された規格のことである。
もともと民生用のビデオカメラなどに使われていた8mmビデオカセットを、コンピューターのバックアップ用に応用した規格であるといえる。 改良によって磁性体、耐熱性、耐久性などは向上している。 最高クラスのマンモス2(Mammoth-2)フォーマットでは、1巻のテープに圧縮時150GB、非圧縮時60GBのデータが記録可能となる。 主にサーバーでのデータバックアップに用いられる。 ドライブはExabyte社が一手に開発・製造しているが、メディアはソニーなど複数のメーカーが製造している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]