用語

ZDNet Japanの用語検索は、事業にITを活かすうえで必ず知っておかなければならない、キーワードを収録したデータベースです。キーワードの意味のほか、記事を中心として関連する情報を得ることができます。

用語の解説

ロボット型サーチエンジンとは

(ロボットガタサーチエンジン,ロボット型検索エンジン,robot type search engine,)
ロボット型サーチエンジンとは、インターネット上で提供される情報検索システムのひとつで、サーチエンジンと呼ばれる情報収集プログラムが世界中のWebサーバーを巡回して自動的にWebページに関する情報を収集し、キーワードごとにデータベース化するタイプのシステムのことである。
ユーザーがキーワードを入力すると、収集した情報のデータベースに問い合わせ、適切と思われたWebサイトがピックアップされる。 Web上に存在する全ての文書データを照会することのできる「全文検索」が、ロボット型サーチエンジンの特長でもある。 その検索結果にはアクセス数や被リンク数などに基づいて重要度が付与され、そのランクに従って昇順に一覧表示されることになるが、実際にランクづけの判断基準となるアルゴリズムは各々のサーチエンジンによって異なる。 ロボット型サーチエンジンを提供するWebサイトの代表的なものとしては、Google や goo などが挙げられる。 ロボット型サーチエンジンの全文検索は、長所であると言える反面、検索語によっては実に膨大な結果が出てきてしまって思うような情報を入手できない場合もかなり多い、という欠点であるとも言える。 それでも、一覧表示されたWebサイト名の下に、要約機能を用いてページ本文の概容を表示したり、あるいはキーワードとの関連性に応じて重要度を分析したりといった付加要素によって、使い勝手は以前に比べて格段に向上している。 ロボット型サーチエンジンに対して、登録されたWebページの情報を人手で分野別に分類し、収集したいテーマへと導いてゆくタイプの検索サービスがあり、こちらがディレクトリ型検索サービス(Webディレクトリ)と呼ばれる。 最近では、ロボット型とディレクトリ型との量サービスを併せて提供している検索サイトも多く、また両サービスの形態は徐々に融合・統一のきざしを見せており、区別は明確ではなくなってきている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]