編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホーリーファイバ

ZDNet Japanの用語検索は、事業にITを活かすうえで必ず知っておかなければならない、キーワードを収録したデータベースです。キーワードの意味のほか、記事を中心として関連する情報を得ることができます。

用語の解説

ホーリーファイバとは

(ホーリーファイバー,ホーリー光ファイバ,空孔構造ファイバ,空孔構造光ファイバ,Holey Fiber,)
ホーリーファイバとは、光ファイバの一種で、光の通り道(光導波路)となる中心線の周りが複数の穴(空孔)で囲まれた構造となっている光ファイバのことである。
ホーリーファイバは「空孔構造ファイバ」の一種である。 その最大の特徴は、線の折り曲げに強いことである。 光ファイバは、「コア」と呼ばれる心線を「クラッド」と呼ばれる周辺素材が包んだ構造になっている。 コア部分はガラスのような屈折率のきわめて高い素材でできており、クラッドを鏡のように光反射のための素材として用いることによって、コア内に閉じ込められた光が内側で反射しながら伝送するようにできている。 従来の光ファイバでは、素材に石英系ガラスなどが用いられている。 これは光ファイバ内部における光の漏洩が発生しやすく、少し曲げただけでも光が漏れて通信品質が低下してしまうという難点を持っていた。 (光ファイバが一定以上の角度に曲げられた場合、光が反射して前進するために必要な入射角を確保することができなくなり、信号が途切れてしまうことになる)。 このため、配線工事の際にも現場での配線の取扱いの際にも、光ファイバの取扱いには最新の注意を要した。 ホーリーファイバは、光ファイバのクラッドに「空孔」と呼ばれる空洞を設け、コアを囲むように配置した構造を持っている。 空気はクラッド素材よりも屈折率が低いので、光の反射率が向上し、クラッドとコアとの屈折率差を増大させる効果を生んでいる。 光を閉じ込める効果が強化され、従来の光ファイバに比べてもはるかに高い光の保持率を可能にしている。 またホーリーファイバは、空孔の大きさ、数、配列などを工夫することによって多様な光学的特性を与えることができる長所を持っている。 例えば配線の曲げによる光損失を限りなく低減したりすることや、光の波長範囲を極めて広くすることができる。 波長範囲を広くする構成では、従来の光ファイバの100倍から1000倍にも及ぶ(「兆ビット」クラスの)大容量伝送も実現可能になるといわれている。 光ファイバは大量のデータを一度に伝達することが可能な素材である。 情報通信化社会を支える最も重要なインフラのひとつとして、光ファイバは基幹系ネットワークを中心として広く利用されている。 需要は拡大を続けており、最近では個々のエンドユーザーの家まで直接光ファイバで接続するFTTH(Fiber To The Home)構想も実現の動きが着々と進んでいる。 その中で、扱いやすさと大容量伝送を実現するホーリーファイバは、次世代のインフラとして大いに期待されている。 ちなみにホーリーファイバの英語表記は「Holey fiber」であって、日本語に直訳すると「穴の開いた繊維」となる。 (「聖なる」を意味する「holy」ではない)。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]