減価償却

用語の解説

減価償却とは

(ゲンカショウキャク,depletion,)
減価償却とは、建物や機械などのような固定資産の入手に要した費用を、その耐用年数に応じて、資産価値の減少に合わせて費用計上する会計手続のことである。
通常、固定資産は、投資に対する見返りがすぐに表れるわけではないため、会計上は固定資産の購入費用を利益の出る時期に合わせて分割して費用化する。 使用可能期間が1年未満、1個当たり費用が10万円未満のものは減価償却の対象とならない。 土地のように資産価値が経年変化しないものは、原価償却の対象となっていない。 償却にかける年数は、資産の種類によってあらかじめ設定されている耐用年数に従って求められる。 例えば、PCは4年、サーバーは6年かけて減価償却される。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]