計算複雑度

用語の解説

計算複雑度とは

(ケイサンフクザツド,計算複雑性,computational complexity,)
計算複雑度とは、計算機が問題を計算するために要する手間を示す尺度のことである。
計算複雑度は、アルゴリズムの性能を評価する基準のひとつとして用いられている。 ある問題を解決するために、複数のアルゴリズムを用いることができるとすれば、どのアルゴリズムを選択れば最も効率的に処理できるかを判断するための判断基準の一つとして、計算複雑度を利用することができる。 計算複雑度は、入力サイズの関数として示される。 あるアルゴリズムについて、入力サイズがnのとき計算複雑度がnに比例するか、nの多項式で示されない場合、nが極端に大きくなると実用時間内では解けないアルゴリズムとなる。 なお、実用のソフトウェアにおいては、アルゴリズムの>計算複雑度に加えて、プログラムを実行するハードウェアの環境や、プログラム上でのアルゴリズムの実装方法などが複雑に関連する。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]