編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

DRBD Plus

株式会社サードウェア 

2007-12-14

最大3台までリアルタイムで同期する、データミラーリング機能を備えたディスク装置。 ローコストにディザスタリカバリ・システムを構築できます。

製品概要

【ディザスタリカバリ・システムの構築に】
災害やテロなどに備えて、業務システムなどを本社と遠隔地のデータセンターに設置することが増えてきました。OSやプログラムは同じものを両方にインストールしておけますが、業務に伴って生じるデータは、リアルタイムで同期する必要があります。このようなニーズに対応するには、データミラーリング機能を備えたディスク装置を使うのが一般的ですが、きわめて高価です。

DRBD Plusは、最大3台までのコンピュータのディスク内容をリアルタイムでミラーする、Linux向けのソフトウェアソリューション。比較的低速なWAN回線でのミラーリングに対する最適化機能も備えており、ローコストにディザスタリカバリ・システムを構築できます。


【新しいバックアップ手段として】
データウェアハウス、メールサーバなどのディスク容量はどんどん増え続け、テラバイトクラスのデータを扱うことも珍しいことではなくなってきました。

データは劇的に増加し続けますが、ディスクアクセス速度の伸びには限界があります。DRBD Plusを使って常時2台または3台のコンピュータにデータをミラーしておけば、

1. バックアップ開始時刻にミラーリングを停止する
2. バックアップサーバ側で別のディスクやテープ等にバックアップする
3. バックアップが終了したらミラーリングを再開する
4. ミラーリング停止中に生じたデータ変更部分は自動的に高速に同期が取られる

という手順で、業務サーバのパフォーマンスに影響を与えずに大容量データのバックアップを実施できるようになります。当然、バックアップに伴うサービス停止は、ステップ1.の数秒〜数分ですみます。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]