Z-Linux メールフィルタ

株式会社サードウェア  2007年12月20日

Z-Linuxメールフィルタは日本語スパム対策を強化したスパム・ウィルス対策サーバです。ウィルスチェックにもオプションで対応しています。

製品概要

【急増している日本語スパムメールへの対策を強化】
スパム検出能力に定評のあるSpamAssassinに日本語メール処理能力を強化して搭載しました。以前のバージョンと比較して、日本語スパムの検出精度が大幅に向上しています。

【スパム判定ルールセットのアップデートサポート】
SpamAssassinは多数のルールを使ってスパムメール特有の特徴を抽出し、スパムかどうかを判定します。新しいスパムに対応するために、ルールセットを随時更新して本製品のユーザに提供します。なお、ルールセットの更新は自動化されているので、お客様の手間はかかりません。

【受信メールを勝手に加工したり捨てたりしません】
Z-Linuxメールフィルタは、スパムと判定されたメールやウィルス感染メール(ウィルスチェックオプション利用時)を、サーバの特別な隔離エリアに安全に保管します。その際、メールを勝手に加工したり捨てたりしません。

【ブラウザでウィルス感染メール・スパムメールを簡単に確認】
隔離されたメールは、管理ツール"Maia Mailguard (日本語版)"で簡単に管理できます。間違ってスパムと判定された正規メールを隔離エリアから取り出せますので、大切なメールを失うことはありません。

【プライバシー保護】
Maia Mailguardは、ユーザごとにメールアドレスとパスワードでログインして利用できます。自分宛に届いたメールを自分自身で確認できるため、プライバ シーを守ることができます。このため、ISP/ASPにも安心してご利用いただけます。

【スパム学習サイクルを完全自動化】
SpamAssassinのベイズフィルタは、過去のメールの学習結果にもとづいて新着メールがスパムかどうかをチェックします。過去のスパムだけでなく正規メールも学習させる必要がありますが、Z-Linuxメールフィルタはこのプロセスを完全に自動化しています。

【サーバ管理者の負担を軽減】
ユーザ登録、ルールセットやホワイトリスト/ブラックリストの管理、隔離エリアのディスク管理など、サーバ管理者に要求される管理タスクを可能な限り自動化してあります。

【ウィルスチェックもオプションで対応】
Z-Linuxメールフィルタは、標準構成ではスパムチェック機能のみを提供します。しかしウィルスチェックオプションをご利用いただくと、ウィルス感染メールも隔離してMaia Mailguardで確認できるようになります。

【スケーラビリティがあり大規模環境にも対応可能】
Z-Linuxメールフィルタは、フィルタリングエンジン、データベースサーバ、ユーザインタフェースのコンポーネントで構成されており、大規模環境の場合にはこれらを複数台のサーバに分散させることができます。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]