高機能グリッドコントロール「フリーレイアウトグリッド」

株式会社ジーワンシステム  2008年06月20日

 1明細の複数行表示が可能、  簡単にカスタマイズができる、開発者向け高機能グリッドコントロールです。  ドラッグ&ドロップでコントロールを配置することができ、実行時にも列移動させることが可能です。 またアクセスのような帳票型のフォームとしてもお使い頂けます。 ※製品概要ページにて体験版をダウンロードいただけます。 http://www.ascendia.jp/persimmon/products_pages/flg_pages/

製品概要

 C#、VB.NETでのシステム開発時に「フリーレイアウトグリッド」を利用することで、日本の業務システムで、特に要望の多い1明細の複数行表示をマウス操作(コーディングレス)でデザインすることができます。
 Microsoft(R) Access(TM) の帳票フォームのような複雑なレイアウトを簡単に作成することができ、開発効率が大幅アップ、低コスト・短納期開発が可能となります。
 また、独自技術により、画像などを表示しても超高速スクロールが可能で、エンドユーザがストレスなく操作できるシステムを開発できます。

■短納期開発が可能な理由

・使い慣れたコンポーネントを貼り付けてそのまま利用できる
・決まった表示形式のみの制約から開放され、表現力豊かで自由なデザインが可能
・ドラッグアンドドロップでコントロールを配置、実行時にも列移動が可能

■フリーレイアウトグリッドの搭載機能

▼複数行明細対応
 VisualStduioでのデザイン時に思い通りの場所にコントロールを配置できるので、複数行明細の表現が簡単に実現できます。

▼行テンプレートに列共通処理が記述可能
 デザイン時の明細部に配置したコントロールにイベント処理を記述すると、列毎の共通処理として使用できます。生成された行毎にイベントをバインドしなおすという面倒で複雑な処理は必要ありません。

▼データバインド
 BindingSource、DataSet、DataTable等のデータベース接続オブジェクトをバインド可能にします。

▼型付データアクセス
 配置したコントロールの名称と行番号でアクセスすることが可能です。

▼軽量な行表示
 データの読み込みに要する処理時間は、DataSetが必要とする時間に左右されますが、データ件数分の行生成を行わない手法を採用しているため、非常に軽量な処理になっています。

特徴

現場を知るSEが必要機能に絞り込んで作成しました。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]