編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Dojo(道場)

株式会社テンダ 

2009-08-24

DojoはWindows上でアプリケーションの操作を行うだけで、簡単にマニュアルやeラーニングコンテンツの作成を自動化することができる画期的なソフトウェアです。

製品概要

操作マニュアル作成にかかる工数を50%以上削減可能となるため、ユーザーが本来の必要な業務に時間をかけることが可能となり、企業内におけるソフトウェア利用拡大化への貢献、経費の節減が見込めます。また、e-ラーニングシステムの世界標準規格SCORM形式に対応しており、企業様へのe-ラーニング導入促進を促し、さらにe-ラーニング等の学習教材の自社作成が可能となるため、自社に適した教育が可能となります。また、シミュレーションコンテンツの活用により、操作教育研修の知識定着率・習熟度の向上が4倍以上見込むことが可能です。

さらに、特殊なキーボード(Windows標準キーボード以外のキーや、金融機関の情報系・勘定系システムなどに利用されるキー)による操作の判別、マニュアル取り込みが可能のキーマッピング機能や、自動音声合成機能のほか、英語・中国語にも対応しています。

特徴

<導入効果>
■マニュアル作成工数が50%以下に!
■操作教育研修の効果が従来比4倍以上!
■各種営業や販売効率が大幅アップ! 
など・・・続きはこちら → http://www.tepss.com/dojo/about/index.html

<導入事例>
■千葉銀行様
Q:オンラインコンテンツ/マニュアル作成ソフト「Dojo」をどのように活用されていますか。
A:当初は、新システムの操作指導が目的でございましたが、新システム導入後は部内のJ-SOX法対応における資料作成に役立てております。
・・・続きはこちら→http://www.tepss.com/dojo/case/case02.html

<サンプルコンテンツ>
■お客様が作成されたコンテンツをご紹介します
http://www.tepss.com/dojo/howto/sample.html

<Dojoの使い方>
■操作方法をご紹介します
http://www.tepss.com/dojo/howto/introduction.html 

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]