Senju Service Manager V10.0

株式会社野村総合研究所 

2009-09-30

ITIL準拠のサービスデスクツール。「インシデント管理」「問題管理」「変更管理」をWebベースで提供。詳細な承認条件や、任意の担当者への差戻しなどのワークフローによりサービスデスク業務を効率化。ITIL準拠の分析機能により、ITサービスの提供状況や課題の可視化が可能になった。

製品概要

Senju Service Managerは,安定したITサービスを継続提供することを目的とした,ITIL準拠のサービス・デスク業務ソフト。運用管理ソフトが出力したイベント通知やエンドユーザーからの問い合わせをインシデント(問題)案件として一元管理し,ワークフローによる問題管理/変更管理の機能を提供する。

特徴

Webブラウザから利用可能な運用管理ソフトであり,ITサービスの当事者である,サービス・デスク担当者,エンドユーザー,システム変更などを実施する開発者などが利用する。インシデントを登録/解決したり,グラフや図表を駆使してITサービスの提供状況や課題を可視化できる。過去のシステム障害事例やFAQのナレッジを参照する使い方も可能である。

 サービス・デスク担当者向けには,蓄積されたデータの分析機能やタスク管理機能を提供する。分析条件を,あらかじめ用意された分析定義から選択することで,簡単に分析レポートを作成できる。タスク管理では,各担当者が抱えるタスクを一元的に管理し,担当者ごとの負荷やタスクの進ちょくを一覧表示。各担当者がすぐに着手すべきことを明確にする。

価格

3,800,000 円
(価格備考:)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]