編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

データ保護、災害復旧に最適な VMware/Hyper-V 対応バックアップ&レプリケーションソフト【Veeam Backup & Replication】

株式会社クライム 

2012-10-24

Veeam Backup & Replication は VMware/Hyper-V 上の仮想マシンの高速バックアップ/リカバリを実現するための様々な機能を搭載しております。

製品概要

Veeam Backup & Replication(以下Veeam)は、VMware vSphereに対応するESX(i)、Microsoft Hyper-V仮想マシンのバックアップとレプリケーションを組み合わせた仮想バックアップソフトです。

VMware、Hyper-Vどちらにも対応した高度な圧縮と重複排除機能を搭載しており、VMwareのCBT(Change Block Tracking)を利用した変更箇所のみの記録をHyper-VにおいてもVeeamが独自に開発したvPowerにより同様に変更箇所のみ記録可能です。

仮想化は基幹業務の負荷が増えるに従い、仮想化インフラに対応したコストパフォーマンスのよい、高速なリカバリが必要になります。Veeamはバックアップとリカバリを1つのソフトに搭載し、それらの要望に応えます。

また、本製品ご好評いただき対応拡張のため、姉妹製品が続々とリリースされております。

Nutanix AHV対応:Veeam Backup for Nutanix AHV(https://www.climb.co.jp/soft/veeam/van/)

Amazon EC2対応:Veeam Backup for AWS(https://www.climb.co.jp/soft/veeam/aws/)

Azure VM対応:Veeam Backup for Microsoft Azure(https://www.climb.co.jp/soft/veeam/azure/)

Microsoft Office 365対応:Veeam Backup for Microsoft Office365(https://www.climb.co.jp/soft/veeam/vbo/)

物理マシン対応:Veeam Agnet(https://www.climb.co.jp/soft/veeam/agent/)

特徴

■効率的な分散アーキテクチャと幅広い対応
Veeam Backup & Replicationのアーキテクチャでは、実際に処理を行う処理実行サーバ(Proxy Server)、バックアップやレプリケーションのJob、ユーザ権限や帯域制限を管理するための管理コンソールサーバ(Backup Server)を分けて配置することが可能です。これにより、複数Jobを同時に実行する際には複数の処理実行サーバにJobを割り当てることで、サーバへの負荷を分散させることが可能です。
またこのアーキテクチャにより、WANを介したレプリケーションの際にも高速な処理が可能となります。

■高性能で確実なバックアップ機能
VeeamではVMwareのCBT(Change Block Tracking)機能を使用することで、変更したブロックの情報を保持し、次回バックアップ時に変更されたブロックのみを対象としてバックアップを行うことができるので、2回目以降のバックアップに大変有効です。

さらに重複排除機能により、同じデータのバックアップを省略し、ディスクスペースの削減と処理時間の短縮を行います。バックアップでは重複排除したデータに対して圧縮を行い、バックアップデータとするので、容量が格段に少なくなります。

■多機能なリストアで目的に応じた復旧が可能
Veeamでは最新の状態だけではなく、任意の時点でのリストアが可能になっており、最適なRPOの選択ができます。バックアップ/レプリケーション共に複数のリストアポイントを持っており、何世代前までリストアポイントを保持するかは自由に設定可能です。

また、仮想マシンの構成ファイルをユーザのローカルドライブに復元を行うことや、ディスク単位でオリジナル仮想マシンにリストアを行うといった、目的に応じた最適な方法でリストアことが可能です。これにより処理にかかる時間、手間を大幅に削減することができます。

■使いやすく高速なレプリケーション機能
Veeamはレプリケーション機能を標準搭載しています。
この機能を利用して仮想マシンを他のESX(i)ホストへコピーし、電源OFFの状態で待機していれば、
障害が発生しても電源ONすることでサービスを継続することができます。

その後、本番環境が復旧してレプリケーション元の仮想マシンが使用可能になった際には仮想マシンのレプリカのデータをレプリケーション元の仮想マシンに反映することも可能です。

■特徴的なアップデートも多数

・データストアへの負荷を最小限に抑えることができる
▼ストレージスナップショットとの連携機能
 https://www.climb.co.jp/soft/veeam/detail/common.html#detail1

・Oracle や SQLServer Active Directoryなど起動中でも安心バックアップ
▼独自でアプリケーション整合性対応
https://www.climb.co.jp/soft/veeam/detail/#detail5

製品関連情報

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]