編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Biz∫会計  ~スピード経営・グループ経営の時代に適したIFRS対応財務会計パッケージ~

株式会社NTTデータ ビズインテグラル 

2013-06-10

Biz∫会計は、最新のビジネス要求・システム要求に応えるために、SCAW財務管理で培った業務ノウハウをSOA・クラウド対応の先進のアーキテクチャで実装・強化した、スピード経営・グループ経営の時代にふさわしい会計パッケージです。複数会計基準での情報開示・IFRSに殉教した決算業務に対応しているほか、クラウドでのグループ展開や、シェアードサービスでの運用を可能としており、グループ経営の高度化・効率化に効果を発揮します。

製品概要

■複数会基準への対応
IFRS適用に伴い、日本基準の会計情報だけでなく、IFRS基準準拠の会計情報も開示する必要があります。Biz∫会計では、複数基準の総勘定元帳を保有しており、IFRS基準の会計数値と日本基準の会計数値それぞれの同時管理・レポート生成を実現しています。
■グループプラットフォームとしての適性
グループ経営効率化の実現携帯のひとつである、グループ共通システム展開を想定し、Biz∫会計は同一環境のマルチテナントでの共同利用を可能としています。また、シェアードサービスセンターでの運用を想定し、再ログイン不要での会社切り替ときめ細かい権限制御を実現しています。

特徴

【特長】
■自由なコード設定によるセグメント管理
事業単位、地域単位、取引先、製品カテゴリ、サービスなど、経営判断や内部管理を必要とする任意の単位で損益管理、残高管理を実現するために、仕訳伝票の借方/貸方それぞれに「分析フィールド」を設けています。

■仮仕訳伝票による見込み管理
取引が確定していないものの、今後発生が見込まれる会計伝票を「仮仕訳」として登録することができ、確定前の数値を用いた財務諸表の着地見込の可視化を実現しています。


詳細は、公式WEbサイトをご確認ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]