編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

可視化データ解析用ソフトウェア - 『PV-WAVE』

ローグウェーブ ソフトウェア ジャパン株式会社 

2015-01-16

エンジニア・科学者・研究者・ビジネスアナリスト・ソフトウェア開発者の皆様が可視化データ解析アプリケーションの開発や配布を行うために使用する配列指向の第4世代プログラミング言語です。

製品概要

PV-WAVE は、エンジニア・科学者・研究者・ビジネスアナリスト・ソフトウェア開発者の皆様が可視化データ解析アプリケーションの開発や配布を行うために使用する配列指向の第4世代プログラミング言語です。PV-WAVE で開発されたアプリケーションを使用することで、膨大で複雑なデータの操作や可視化が容易になり、これまで見逃していたデータのパターン、傾向、異常、およびその他の重要な情報を発見することができます。


解析と可視化を素早く行える高度な機能と柔軟性を併せ持つPV-WAVEは、多くの専門家の皆様に活用いただいています。生産性の向上、開発の促進、データに隠れた重要な情報の例証などを通じて、PV-WAVE は、幅広い業界においてお客様の市場競争力向上に貢献します。

特徴

■ Navigator :
迅速なアプリケーション開発のための対話形式のコンポーネントに素早くアクセスできるGUI(Graphical User Interface)です。ボタンをクリックするだけで簡単に操作することができます。

■ 4GL (第四世代言語) :
対話処理機能を持った配列指向型の言語です。バッチ処理やコンパイル実行も可能です。

■ 可視化データ解析のためのユーザ インターフェース コンポーネント :
VDA ツールは、再利用可能なオブジェクトで容易にアプリケーションをカスタマイズするための強力なモジューラ フレームワークを提供します。

■ 柔軟な入出力機能 :
カスタムフォーマットデータやフォーマット無しのデータ用の入出力機能を容易に実装できます。

■ Eclipse プラグイン :
デバッグ時における変数の値の変更や、ワークスペース外のファイルにブレークポイントを追加することもできます。

■ OpenMPによる並列処理 :
約100種類のルーチンや演算子がOpenMPによる並列処理に対応しています。使用するスレッド数の指定も可能です。

■ 自動スレッドコントロール(Windows、Linux) :
ご使用のハードウエア及びオペレションシステムに最適なスレッド数を自動的に選択し並列演算を行う機能です。プログラム実行時にデータサイズや計算アルゴリズムを認識し、その演算に最適なスレッド数を自動的に選択します。

■ Mac OS X 対応 :
Windows, Linux, UNIXに加えMac OSXでもPV-WAVEをご利用いただけます。

■ Javaベースのソリューション - JWAVE :
PV-WAVEをWEB上で実行するための100%Javaで作成された開発コンポーネントです。

■ 数値計算・統計解析機能 :
IMSL Cライブラリの数値計算・統計解析用関数が含まれています。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]