編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy」

株式会社ビットフォレスト 

2020-07-17

クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy (バディ)」は、Webアプリケーションの脆弱性を自分で簡単に検査できるクラウド型ツールです。セキュリティ知識不要。開発者の方をはじめ、誰でも短時間で本格的な診断が可能。定額制なので月に何度でもお使いいただけます。

製品概要

近年増加している Web アプリケーションの脆弱性を突いた攻撃を未然に防ぐために、有効なセキュリティ対策として多くの企業が脆弱性診断の実施を意識するようになりました。実際、Webサービスの契約前に脆弱性診断実施の有無についての問い合わせも増えているようです。しかし、現実は人材不足や予算の制約によって十分に診断を実施できない企業がほとんどです。

そういった背景から、限られた時間・人材で自社での脆弱性診断が可能な仕組みが必要となってきました。
クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy (バディ)」は、複雑な設定・トレーニング・わかりにくい料金設定を減らし、セキュリティの専門知識がなくても簡単に脆弱性診断の内製化を実現します。

特徴

<特長1>国内市場売上シェア10年連続No.1WAF「Scutum (スキュータム)」の運用実績
クラウド型( SaaS ) WAF(Web Application Firewall)国内市場売上シェア10年連続No.1を誇る「Scutum (スキュータム)」の開発チームが開発した、純国産のクラウド型Webアプリケーション脆弱性診断ツールです。

<特長2>定額制だから月に何度でも脆弱性診断が可能
自社で実施できる脆弱性診断ツールなので、追加料金が掛からずに必要なタイミングで何度でも脆弱性診断を行っていただけます。

<特長3>トレーニング不要
VAddyでの検査には特別なトレーニングは必要ありません。従来の診断ツール導入の際によくある社内勉強会、講師を招いてのトレーニング、資格取得などの教育コストが掛かりません。

<特長4>面倒な設定が不要
VAddyは人工知能の技術で検査対象アプリケーションの動きを自動的に把握します。
そのため従来のツールと異なり、検査前に複雑な設定を行う必要はありません。

<特長5>平均検査時間12分
現実の脅威に対応した高速な検査が行える為、検査時間の短縮を実現しました。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]