編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

【事例】担当者に聞く、基幹システムのデータの処理時間を1/4以下に短縮に成功した理由

株式会社アシスト 2019-09-30

長年にわたりメインフレームで基幹システムを運用してきた企業の間で、昨今オープン環境への移行が進んでいる。ただし移行過程において生じがちな課題として、データのバッチ処理にかかる時間が挙げられる。大量のデータを扱うシステムの場合、夜間にバッチ処理を終えられないようなケースも生じがちであり、これでは業務に大きな支障をきたしてしまうことになる。

同様の課題に直面しながらも見事に乗り越えたのが、医薬品、医療機器等の総合卸売業界におけるリーディング・カンパニーであるメディセオだ。同社は、基幹システムのオープン環境への移行過程において、大量の医薬品・取引先データの夜間バッチ処理が、規定時間内に完了しないという事態に直面した。しかし大量データの高速処理が可能な「Syncsort DMExpress」導入したことで、数千万件に上る大量データの高速処理を実現したのである。本資料には、その詳細な経緯が担当者たちによって語られているのでぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]