ホワイトペーパー

あらゆる作業が速くなった…?データ急増を余裕でさばくストレージ、生産性1600%アップも

EMCジャパン株式会社 2018年01月26日

「あらゆる作業が速くなった事を、皆気づいています」

これは物流企業の担当者がDell EMC Unityで物流管理を合理化し、その感想として漏らした言葉だ。

昨今、データこそが企業の競争力の源泉と言われてきたが、一方で爆発的に増加するデータに対処しきれず、生産性にマイナス影響を来してしまうケースも出始めている。そのボトルネックがストレージだ。

本資料は、「データ量の増大で従来のストレージが過負荷」「アプリケーションのパフォーマンス不足」といった困難が現実化した場合に、取り得る対処方法や事例を紹介したものだ。

前述の物流企業は、「I/Oの1600%向上」ほか、「高負荷なレポート作成が4分から30秒に」「データセンタの設置面積をラック数20台から2台に」といった製菓を得ている。

その手立てとなったのが、Dell EMCが提供するオール フラッシュおよびハイブリッド フラッシュ ストレージ製品「Unity」だ。機能強化された新しい「Unity」のオールフラッシュラインナップは、圧倒的なパフォーマンスとシンプルさを実現しているのが強みだ。ぜひ、一読して頂きたい。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]