ホワイトペーパー

「オールフラッシュ」はこれからのストレージの“必要条件”ではあるが決して“十分条件”ではない

EMCジャパン株式会社 2018年01月26日

ビジネスを支える情報システムは日々規模を拡大し、また複雑さも増し続けている。そうしたなか、最大のボトルネックとなりがちなのが、ストレージだ。そのため多くの企業では、I/O性能をはじめ様々な面においてHDDよりもパフォーマンスがはるかに高いオールフラッシュストレージアレイへと移行を進めており、2020年にはストレージ市場全体の実に43%をオールフラッシュ製品が占めると予測されている。

とはいえ、ビジネスが多様化、高速化するなか、オールフラッシュであればそれだけでストレージに必要な要件を満たせるというわけではない。より高速かつ効率的であり、さらに拡張性と管理性、そしてコストパフォーマンスにも優れていなければ、競争力を発揮することはできないのだ。

そうした様々な条件をすべて満たす、その全貌を本資料に収めたので、ぜひダウンロードのうえご一読いただきたい。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]