ホワイトペーパー

中堅・中小企業がサイバー犯罪に 立ち向かうための戦術とは?

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 2015年12月21日

本資料では中堅・中小企業が近年増え続けてサイバー攻撃に対してどのように対策を行うべきかを調査結果をもとに解説いたします。

調査結果では44%の企業がサイバー攻撃の被害に遭った事があると報告をされています。
年間売上規模が100億円未満の企業は、2014年のセキュリティ予算を20%削減しているのに対して、大企業はセキュリティに対する投資を5%増強しています。多くの中堅・中小企業は自社が攻撃者による標的にならいと認識をしています。

実際に被害が発生している中で中堅・中小企業も他人事ではない状況をどのように解決をしていくべきかを解説いたします。

<詳細は資料をダウンロードください>

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]