ホワイトペーパー

中小企業が景気好転から大きな利益を得るための指針となる3つの事実

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

過去18ヶ月間で、売上が減り利益率がゼロになってしまい、会社のオペレーションを変革させる必要があると考えている企業が増えています。これは、ある会社にとっては投資計画を縮小し成長目標を引き下げることを意味し、また別の会社にとっては、人員削減を意味します。事実米国では、2009年に人員を削減した企業が、社員数50〜99人の企業では37%、100〜999人の企業では約三分の一に達し、前年までの傾向から一変したことが、IDC調査で示されています。

しかし景気が回復するにつれ、この回答内容も、変わってきます。このホワイトペーパーでは、そういう時期に中小企業が大きな利益を得るための指針となる3つの事実をご紹介します。

このホワイトペーパーは、「カテゴリーと地域別、中小企業のIT支出の回復と変化」(Raymond Boggs著、IDC No.222409)と題する、2010〜2014年世界中小企業予想に基づいています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]