ホワイトペーパー

【地図情報×ビジネス】大阪ガス編--サービス拠点管理の煩雑な手間を一掃

グーグル株式会社 2012年12月11日

大阪ガスは、加入者宅にガス警報器や火災警報器を設置して監視し、万一の際は警備員が駆けつけるというサービスを展開している。
このサービスに必須なのが、迅速に現場に急行するためのルート検索システムだ。しかし同社は、ここに大きな問題を抱えていた。

旧来のシステムは、たった1カ所の拠点が移転や新設になっただけでも、ほかの拠点全てにその情報を個別に送らないと共有できない、非常に手間のかかる仕様だった。そのため、サービスが拡大するに伴って連絡作業の手間も加速度的に膨らみ、担当者が悲鳴をあげる状態に陥っていたのだ。

この状況を打開するため同社が導入したのが、Google Maps API Premierだ。
懸案だった拠点情報の変更作業は、事務局が一括して更新するだけで完結するようになり、手間を大幅に削減。そしてもう一点、同社には大きな導入メリットがあった。それは既存システムとの連係が容易なことだ。具体的には、ガス会社が各社持っている、埋設されている導管の位置情報を管理するシステムとの連携だ。

詳しくは、ダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]