ホワイトペーパー

調査資料:位置情報データの活用がビジネスに与える影響とは

グーグル株式会社 2014年09月25日

現在スマートフォンや様々なクラウドサービスが普及したことで改めて位置情報を活用したビジネスが注目されてきています。顧客が望むものを、臨むタイミングで、臨む場所で提供できるようになるなど、顧客中心のビジネスがより拡大していくと考えられています。Google が実施したこの調査は、現代の企業にとっていかに地理空間情報を活用することが、企業にとって利益を生むかをビジネスリーダーに向けて解説しています。

本調査資料では、アジアのビジネスリーダーが位置情報についてどのように認識しているか、また今後の利用計画についてどのように考えているかを解説します。

※Forrester Research によって、2014年5月~8月の3か月間、オーストラリア・日本・台湾・シンガポール・タイ・フィリピンのビジネスマネージャー300名を対象にアンケートを実施し集計をしております。

【調査内容】
● 各国の企業における位置情報の利用状況 
● 位置情報を利用している部署・部門 
● 位置情報利用によるビジネスメリット 
● モバイルアプリにおける位置情報活用実態 
● 位置情報を活用することによる顧客体験の改善

◆◇ 地理空間情報の活用事例 ◇◆
シンプルな位置情報だけでなく、地理空間情報は業種問わず様々な企業で活用可能です。
● 金融● 運送● 郵送● 地方公共団体● 小売● 通信● 公共機関

各業種の活用事例に関しては、ダウンロードしてご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]