ホワイトペーパー

逆転の発想で「シャドー IT」の リスクを価値に変える

グーグル株式会社 2015年06月05日

従業員が私物のデバイスや未承認のアプリをオフィスで使うこと(シャドー IT)は日に日に増えています。企業の IT 管理者やビジネスリーダーは、この問題への対応に頭を悩ませています。

こうした傾向は急激に顕著になりつつありますが、無理のないことです。社員にとっては、日々効率的に、自由に、イノベーティブに共同作業する方法を模索しているのです。

シャドー IT の蔓延は、企業のセキュリティに無数のリスクを与えますが、この機会をうまく使うことができれば、リスクを最小限に抑えながら、それまでに使っていたツールやプロセスの見直しやによる、生産性の向上とイノベーションを起こす事ができます。

企業は「機敏さ」と「セキュリティ」のどちらを選ぶのではなく、どちらも同時に実行すべきです。

この資料では、これからの IT の役割を考察。実際の事例から得られた洞察を紹介します。Google Apps forWork の導入によって、従業員が慣れ親しみ、愛用しているツールを使い続けながら、更なる強固なセキュリティと管理体制を築き社内データを守ることができました。

続きは以下をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]