ホワイトペーパー

Chrome ブラウザをより安全に利用するための、企業向けセキュリティポリシー設定ガイド

グーグル合同会社 2023-11-17

サイバー脅威に強い Web ブラウザとして設計され、企業での利用も多い Google Chrome ブラウザ。これまでにもサンドボックスの採用や悪意のあるサイトからユーザーを保護するセーフ ブラウジングへの対応など、ユーザーを保護することで、インターネットセキュリティを強固にする役割を担ってきた。 Chrome ブラウザのセキュリティ機能を適切に設定することで脅威の予防やプライバシー保護、管理性の向上につなげることができる。例えば、脅威の予防については、 Chrome のデフォルト動作を強化する設定により悪意のあるサイトからのマルウェアのダウンロードを制限したり、リスクのあるコードがブラウザ経由でサイトを改ざんする攻撃等をブロックしたりできる。しかし、両者が相反するケースもある。ユーザー側では設定を選択できるようになっているが、変更内容によってはセキュリティが犠牲になってしまうことだ。IT管理者は、ユーザーのニーズと企業のセキュリティのバランスを取れるよう、設定を最適化しなければならない。
本資料では、Google Chromeが提供するさまざまセキュリティポリシーと、それらを有効または無効にする前にIT管理者が検討すべき要素について解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]