ホワイトペーパー

仮想化環境におけるバックアップ/リストアの課題を解決

クオリティソフト株式会社 2011年02月27日

仮想化技術はサーバ集約の為の技術として導入が進んでいます。仮想化とは1台のサーバ上のCPU、メモリ、ストレージのようなハードウェアリソースを複数のOSで利用することで効率的に運用したり、逆に複数のサーバのハードウェアリソースを1台のサーバとして見せることで大きなリソースとして利用したりする構成方法です。

仮想化技術導入により、保守コストの削減、管理工数の削減、サーバリソースの有効活用など、様々なメリットを享受できますが、仮想化環境環境におけるバックアップ・リカバリの面を見てみると、物理マシンのバックアップ・リカバリとは異なる、いくつかの考慮すべき問題があります。

本資料では、仮想化製品の一つVMware vSphere™ Hypervisorを例に挙げて仮想環境のバックアップ・リカバリの問題点を検証します。あわせて、この問題点をカバーすべく、クオリティソフトのバックアップ・リカバリアプライアンス「QQR」を使用した、仮想化環境における、より効率的なバックアップ・リカバリ手法の一例をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]