ホワイトペーパー

【月々の通信料】検証施設の利用による携帯電話料金の節減効果【減らしたいと思いませんか?】

株式会社コネクトテクノロジーズ 2008年01月27日

携帯電話関連のシステム開発やコンテンツ制作を行う事業者にとって、試験・検証用端末のコストはいわば「必要経費」であり、出来れば抑えたいけれども品質や手戻りを考えるとそれほど大胆には機種や回線数を減らせないのが正直なところではないでしょうか。

検証サービスを利用すればいいような気もするけれど、量が多くなった場合には自社でリソースを持っておいたほうが得な気もするし…と判断に迷われているマネージャの方も多いようです。

本稿では各種の検証サービスを利用することでどの程度のコスト削減効果が見込めるのかを簡単なモデルケースで示しています。
効果測定の目安にしていただければと思います。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]