ホワイトペーパー

不確実な時代におけるデータウェアハウス投資 アプライアンス?カラムストア・データベース?

サイベース株式会社 2009年06月01日

今日の厳しい経営環境は、企業のデータウェアハウス投資にも大きな影響を及ぼしている。企業は、差し迫った経営上の課題を短期間で効率的に解決できるデータウェアハウス・ソリューションへのフォーカスを強めざるを得なくなっている。この課題に対応できるテクノロジとして、データウェアハウス・アプライアンスとカラムストア・データベースに注目が集まっている。カラムストア・データベースは、目的指向型のデータウェアハウスを効率的に実現できることに加え、将来のテクノロジ進化の動向を確実に活用できるという点で大きな価値を提供するケースが増えている。
IT 予算の制約が厳しい今日のような状況においてこそ、カラムストア・データベースを活用したデータウェアハウスに注目してはどうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)