ホワイトペーパー

企業の全アプリの通信状況を集約--コンテナ型仮想化にも対応したネットワーク一元管理のガイド

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 2016年09月06日

本資料は、企業が自社システムで扱う全アプリケーションのネットワーク状況を一元管理可能な「NetScaler MAS(NetScaler Management and Analytics System)」についての解説だ。データの集約ポイントとして、アプリ別のデータポイントとトランザクションをが管理できる。視覚的なダッシュボードも用意される。

このところ注目度が高まるコンテナ型仮想化など新たなトランザクションが増加すれば、サービス面での拡張性やスピードへの要求が増す一方、管理・運用の煩雑さは増大する。

NetScaler MASは1つのプラットフォームから、オンプレミス環境/クラウド環境/コンテナ環境などに導入されたアプリケーション⽤のネットワークサービスを、参照・自動化・管理することが可能だ。仮想マシンとして導入され、物理アプライアンスや汎⽤サーバーの境界にとらわれないインスタンスとして抽象化されるので、⾼スケーラビリティも実現できる。

詳細は、ダウンロードしご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]