ホワイトペーパー

中小企業におけるバックアップの意識はどのように変わったのか

株式会社シマンテック 2011年11月01日

東日本大震災は日本企業のITシステム継続性のありかたについて、大きな課題を投げかけました。従来の、災害や障害の発生自体を防ぐ「予防」だけでなく、トラブルからの迅速な回復を対象とする「復旧対策」の重要性への関心が高まったと言われています。

本資料は、従業員数1000名以下の国内中堅・中小企業を対象に株式会社シマンテックとZDNet Japanが共同で実施したオンライン調査の結果と、それに基づく考察です。

■ファイルサーバとクライアントPCの保全が最重要課題
■バックアップ対策の実現には管理が容易でTCO削減に貢献するソリューションの選択が有効
■バックアップ体制の見直しやツールの導入を加速している
■震災害対策を起点に障害対策、セキュリティまで 包括的に取り組む企業が増加
■震災以降のバックアップ。その主流は適切なツールの利用

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]