ホワイトペーパー

【江戸川区事例】120のシステムを集約し、バックアップをきめ細かく効率的に実施

株式会社シマンテック 2012年10月16日

約22,000事業所、30万世帯、68万人の総人口を有する江戸川区。ITを利用した先進的な地方行政を行ってきた江戸川区は、長年の改修や業務のIT化よる新規システムの構築より複雑化したシステムに対し、共通基盤を構築し管理・運用を統合的・一元的に行うという改革に着手した。

そのシステムのバックアップのプラットフォームとして選択したのがSymantecのNetBackupだ。NetBackupをベースとしてバックアップ運用により、業務を見える化させ、効率的ながら厳しい要求にも対応できるようになったという。

本ホワイトペーパーでは、共通基盤を構築しNetBackupを導入がもたらした効果を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]