ホワイトペーパー

【導入事例】アクセラテクノロジ株式会社 商談ベースで顧客を管理少数精鋭で高い営業力を

株式会社セールスフォース・ジャパン 2006-03-24

 2001年7月に設立されたアクセラテクノロジは、社内用の高性能文書検索エンジン「Biz Search」た翻訳システム「Biz Lingo」など日本語処理に強いパッケージの開発・販売で急成長中のベンチャー企業だ。
 アクセラテクノロジは、富士通の技術者が社内のスピンオフ・ベンチャー制度を活用して設立した企業である。それゆえ設立当初のスタッフ9名のうち技術者が7名を占めており営業担当スタッフはわずか2名しかいなかった。それにも関わらず、同社は設立以来、毎年二ケタの伸び率で増収増益を続けている。 

 営業力が弱点になる可能性もあった企業が、なぜ売り上げを着実に伸ばしてきたのか。その背景には、製品の優秀さもさることながら、オンデマンドCRMサービスを「salesforece.com(セールスフォース・ドットコム)」の導入があった。

<見込み客が商談に繋がる件数が、1年間に15件から3ヶ月で64件に増加>

■導入前の課題■
①技術者中心の社員構成で、営業力に不安があった。
②ホームページからの問い合わせやセミナーの申し込みをした見込み客をフォローしきれなかった。

■導入後の効果■
①商談の取りこぼしが少なくなり、売り上げ予測の精度が上がった。
②数字の裏づけをもとに、市場のニーズに迅速に対応できるようになった。
③見込み客へのファーストアプローチの漏れがなくなった。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]