ホワイトペーパー

ビジネスを変えるAIと変えないAIの違いとは?業務で“使える”AIのかたちを動画で解説

株式会社セールスフォース・ドットコム 2019年02月19日

いまや第四次産業革命と言われており、AIをはじめとした様々なデジタルテクノロジーが注目を集めている。しかし勘違いしてはいけないのが、大事なのはAIそのものではなく、その活用により業務がどう変わるかだ。

そうした視点からセールスフォース・ドットコムが提供するのが、AIとアナリティクスを組み合わせて業務を変革するプラットフォーム「Salesforce Einstein」である。“カスタマーサクセスプラットフォーム”とも呼ばれるこのSalesforceというソリューションは、あらゆる顧客のタッチポイントにつながり、アナリティクスによる新たなインサイトを提供する。Salesforceアプリとネイティブにつながり、さらにはビジネスプロセスとつながるからこその効果を発揮するのである。

ここに収められた3本の動画では、このSalesforce Einsteinで何ができるのかに始まり、具体的な利用方法や営業シーンでの実践例、さらには業務変革を成し遂げた導入企業の事例などを解説している。百聞は一見にしかず─まずは動画をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]