ホワイトペーパー

科学者5000名をネットワーク化するリバネスの「Einstein Analytics活用法」

株式会社セールスフォース・ドットコム 2019年08月22日

「サイエンスとテクノロジーをわかりやすく伝える」をコアコンピタンスに、研究者3000人、教員2200人をネットワーク化し、人材教育商品開発や若手研究者の研究支援、企業の海外進出支援など、科学技術領域において多様な事業を手がけるリバネス(Leave a Nest:巣立ちの意)。同社は、Salesforceの様々な製品をフル活用し、商談を管理する文化の定着から、会員管理、社員教育、AIの活用までを行っている。最近では、教育プラットフォームのmyTrailheadを国内で初めて採用。また、AI機能Einsteinを使って商談をスコアリングしたり、イベントへの参加意欲の予測モデルを開発したりしている。

本資料は同社 取締役CIO吉田丈治氏へのインタビューを中心に、リバネスがどのように最新技術を活用してグローバルビジネスを展開しているのかを解き明かしたホワイトペーパーだ。ベンチャーのみならず多くの企業の参考になるはずだ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]