ホワイトペーパー

インシデント対応の8割がランサムウェア起因、2022年も注意が必要 - ソフォス脅威レポート

ソフォス株式会社 2022-01-17

2021年はランサムウェアが猛威を奮った年だった。ソフォスの調査によると、2021年に発生したインシデント対応のうち、79%がランサムウェアの関連したものだったという。この傾向は2022年も変わらず、ランサムウェアが減速する兆候は見られないと調査を行なったソフォスの研究者は述べている。ランサムウェアはRaaSとしてサービス化され、新たなマルウェア配信フレームワークや「ショットガン型」攻撃など新しい手口も登場している。また、ランサムウェア以外にも、AIを利用したサイバー攻撃やモバイルマルウェアの進化、新たな脅威も出現している。
本資料では、「2022年版ソフォス脅威レポート」をもとに、近年のサイバー攻撃の傾向と2022年に備えるべきセキュリティ対策を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]