ホワイトペーパー

UCツール展開とBCPやDR対策に不可欠! 途切れないネットワークを作るDHCP/DNSサーバ構成

株式会社ソリトンシステムズ 2018年11月05日

社員間コミュニケーションを活性化する手段として、ユニファイドコミュニケーション(UC)ツールを検討する企業が増えている。UCツールは、メールやグループウェアだけでなく、チャットやWeb会議、テレビ会議、スマホを使った内線通話(IP電話)など、さまざまなツールを統合して、コミュニケーションを図りやすくするものだ。

 UCツールの導入ではしばしば見通されがちな点がある。それはUCツールを支える社内ネットワーク(LAN)だ。LAN環境の帯域が不足していたり、DHCPやDNS、RADIUSサーバなどのLAN基本コンポーネントが不安定だったりすると、UCツールはコミュニケーションの阻害要因になってしまう。

 では、通信が途切れず、安定してやりとりができるネットワークはどのようにして実現できるのか。本資料は、その解決策の1つとして、DHCP/DNS/RADIUSを専用アプライアンスサーバとして運用し、構成する方法をガイドしている。選定ポイントと構成方法を知ることは、DR/BCP対策としてのITインフラ見直しにも欠かせないノウハウだ。ぜひ内容を確認して自社の取り組みに生かしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]