ホワイトペーパー

【千葉銀行:導入事例】マニュアル作成コストを50%以上削減!4000人以上の行員に対しシステム操作教育を実施。

株式会社テンダ 2010年04月01日

千葉銀行は、「お客様第一主義」 「地域のトップバンク」 といった思想を基に、『1ST1ST:ダブルファースト』 の経営理念を掲げ、地域の総合金融サービスグループとして質の高い金融サービスを提供しております。

千葉銀行では、従業員の勤務実績を管理する新システムを自行で開発しましたが、新システムの提供に当り、4,000人以上の従業員に対し、どうやって操作指導を実施するかが課題となっていました。
その課題の解決のために、Dojoを導入いたしました。

Dojoを導入した結果、新システムの導入時に発生した操作マニュアルの作成工数が、従来手法で作成するよりも工数を50%以下に削減できました。さらに、操作指導は集合研修を行わず、e-ラーニングのシミュレーションマニュアルを利用することで、反復学習による操作の習得度の向上、移動交通費などを抑制することができました。

本資料では、千葉銀行がDojoを採用するまでの経緯や課題、また、導入後のメリットや効果を紹介させていただきます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]