ホワイトペーパー

事例:林立する情報システム、メールの洪水から脱却せよ--大手証券の成功事例

株式会社ドリーム・アーツ 2017年04月28日

■不要メール30%削減も--「情報基盤」の見直しで実現する業務改善とは?

本資料は、情報伝達に改善点を抱えていた証券大手、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」の事例だ。

同社の悩みは、「林立する情報システム」「メールの洪水」による、情報伝達の機能不全。
「伝えたい情報が伝わらない」
「知りたい情報にたどり着けない」
といった状況が状態化・深刻化すれば、業務効率の大幅低下も意識される状態だった。

脱するためには、旧来のビジネスプロセスを見直すことによる業務改善と、それを実現できる新たな情報基盤の構築が必要と判断。辿りついたのは、すべての情報系システムをドリーム・アーツの情報基盤『synerGy』へと集約することだった。

詳細はぜひダウンロードの上ご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)