編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

ホワイトペーパー

新時代の働き方“どこでもオフィス”を実現する最適なテレワーク環境を構築する秘訣

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2020-09-07

これまで日本企業は、自然災害や緊急時でも損害を最小限に抑えつつ、事業の継続や復旧を図るBCP(事業継続計画)を立案して対策に努めてきた。昨今では新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、事業継続性の確保がより求められている。

特に2020年前半では多くの企業がテレワーク/在宅勤務への対応を迫られ、リモートデスクトップやVDI(仮想デスクトップ環境)技術を取り入れ、働く場所を問わない“どこでもオフィス”環境が整備されてきた。

今後長期化が予想されるコロナ禍で企業や組織の注目を集めているのが、クラウドサービスを利用した仮想デスクトップを実現する「DaaS(Desktop as a Service)」だ。

DaaSは管理者にとっては運用負荷軽減や導入・運用コストの最適化、ユーザーにとっては場所や端末に制約されずに自分の“どこでもオフィス環境”を利用できるメリットがある。以下の資料では、特にテレワーク環境に最適なDaaSの特徴やメリットを詳しく紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]