ホワイトペーパー

【エイチツーオーリテイリング:BI導入事例】阪急百貨店と阪神百貨店を支える分析環境

日本オラクル株式会社 2009年08月28日

2007年の株式会社阪急百貨店と株式会社阪神百貨店の統合にともない誕生した同社は、経営から現場まで一丸となって競争力のあるサービスや企画をおこなうために、情報をスムーズに提供して効果的な分析ができる柔軟性が高いシステムを求めていた。同社では営業、商品、顧客の各データを毎日抽出し、定型分析と自由分析が行える環境を整備することで、以前のDWHならデータ収集から始まって1日夜間処理を経る必要があった作業を、新たな情報提供基盤は数秒から30秒程度で処理できるようになったという。本レポートでは、情報のスムーズな収集と分析業務の高度化を実現した、オラクルのビジネス・インテリジェンス(BI)について紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]