ホワイトペーパー

【アライドテレシス:CRM導入事例】顧客の声の把握が、成長と経営革新の機軸に

日本オラクル株式会社 2009年12月16日

 アライドテレシスホールディングスは、ネットワーク機器専業メーカーとして、国内だけでなく世界21カ国で事業展開している。活動の場が国際化し、製品が多機能化するにつれ、よりいっそうの成長を図るには、顧客の声を的確に集約し、開発に活かすとともに、サポート体制も強化する必要が出てきた。そこで、同社はCRMの導入を検討、Oracle CRM On Demandを選んだ。その理由は「グローバル対応」「柔軟な拡張性」「短期導入・低コスト」の3点だ。これらの特徴をいかに利用し、また、その結果、どのような利点がもたらされたか。2007年に創業20年を迎えた同社が選択した戦略を、会長兼CEOの大嶋章禎氏に聞いた。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]