ホワイトペーパー

2012年IOUGデータベース可用性調査-データベース高可用性の実現と問題

日本オラクル株式会社 2013年02月27日

本資料はIndependent Oracle Users Group(IOUG)により実施された、計画停止時間および計画外停止時間に伴う問題、データベースの高可用性、障害時リカバリに関するソリューションについての調査の結果をまとめたレポートとなります。調査対象は企業のデータ管理者/データ・プロフェッショナルとなり358名から回答を得ています。
レポートのサマリは下記となります。
●概要
●停止時間のコスト―計画外停止時間と計画停止時間
●データベースの高可用性の実現
●データベースの高可用性に対するクラウド・コンピューティングの影響
●ディザスタ・リカバリの実現
●IOUGの奨励事項
●回答者属性情報

本調査により明らかになった課題の一つをあげますと、組織の硬直化とデータ量の急増によるビジネス継続性があげられます。しかしビジネス継続性/障害時リカバリ計画はデータ可用性にとって不可欠な要素ですが、多くの回答者は潜在的なシステム停止に対応するための正式な計画を策定していないということがあります。
その他にも計画外停止の要因分布、クラウド・サービス/アーキテクチャへの移行によるデータベースの可用性に対する影響など、様々な考察が得られています。

詳細は資料をDLのうえご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)